岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

ホーム > たきざわ行政情報 > 組織概要 > 採用情報 > 平成29年度滝沢市職員採用試験受験案内(平成30年度採用)

平成29年度滝沢市職員採用試験受験案内(平成30年度採用)

  滝沢市では、平成29年度滝沢市職員採用試験を次のとおり実施します。この試験は、平成30年度の採用候補者を決めるために実施するものです。

  平成29年度滝沢市職員採用試験受験案内は、「広報たきざわ7月15日号」でもお知らせしております。

1 滝沢市に必要な人材像

  現在の自治体を取り巻く環境は、少子高齢化や首都圏への人口流出に歯止めがかからない状況にあります。地方自治体においては、健康福祉や教育を始めとする様々な分野で市民ニーズが多様化しており、これらに柔軟に対応できる職員が求められています。

  本市は、平成26年1月1日に市制施行し、滝沢市自治基本条例に掲げた「誰もが幸福を実感できる活力に満ちた地域を実現すること」を目指す行政運営を行っております。市民と行政が協力しながら、そして、それぞれの役割を果たすことが重要であり、職員の仕事の仕方も「これまでどおりの仕事をこれまでどおりの方法でこなしていく」ことから、「市民の声に耳を傾け、よく話し合い、これまでどおりのやり方を変えていく」という形に変わってきています。

  このため、滝沢市では「公務員として自ら考え、自ら行動できる人」、「常に創意工夫しながら仕事に取り組める人」、「幅広くコミュニケーションの取れる人」を求めています。

 

2 採用予定人員、受験資格及び業務内容

職種・採用予定人員・主な業務内容及び受験資格

(1)  事務職(一般採用)         (1)(2)合わせて8人程度

・平成4年4月2日から平成12年4月1日までに生まれた方

・地域福祉など住民の方に身近な職務から施策の企画調整まで、内容を問わず行政全般の各種事務に従事します。

(2)  事務職(社会人採用) 

・ 昭和58年4月2日から平成4年4月1日までに生まれた方で、民間企業等における職務経験※を有する方  

・地域福祉など住民の方に身近な職務から施策の企画調整まで、内容を問わず行政全般の各種事務に従事します。

(3)  事務職(身体障がい者採用)                1人

・昭和58年4月2日から平成12年4月1日までに生まれた方で、介護者なしに一般事務職と して職務の遂行が可能であり、次の全ての要件を満たす方
  ○身体障害者手帳の交付を受けている方
  ○活字印刷文による出題に対応ができ、かつ、口頭による試験(個別面接等)に対応できる方

・地域福祉など住民の方に身近な職務から施策の企画調整まで、内容を問わず行政全般の各種事務に従事します。

(4)  土木技術職(一般採用)    (4)(5)合わせて3人程度

・平成4年4月2日から平成12年4月1日までに生まれた方

・主に土木工事の設計、施工管理や都市計画などで、住民の方に身近な職務から施策の企画調整まで、行政全般の各種事務に従事します。

(5)  土木技術職(社会人採用) 

・ 昭和58年4月2日から平成4年4月1日までに生まれた方で、土木技術職として民間企業等における職務経験※を有する方

・主に土木工事の設計、施工管理や都市計画などで、住民の方に身近な職務から施策の企画調整まで、行政全般の各種事務に従事します。

(6)  保健師            1人  

・ 平成4年4月2日から平成9年4月1日までに生まれた方で、保健師の免許を取得した方又は来春学校卒業見込みで保健師免許を取得見込みの方

・保健師の専門的知識を活用して、健康福祉など住民の方に身近な職務から施策の企画調整まで、健康福祉行政の各種事務に従事します。


          ※職務経験について

・職務経験には、会社員、自営業者、アルバイト、パートタイマー、公務員等としての経験が該当します。

・同一企業等において週28時間以上の勤務を、申込みの時点で2年間以上継続して勤務した経験のあることを要します。なお、アルバイトやパート等のように不規則な勤務形態の場合には1週間当たりの勤務時間数を算出して判断します。

・最終合格発表後に職務経験期間を確認するために職歴証明書等を提出していただきます。職務経験の確認ができない場合は、合格を取り消すことがあります。

注意

次の事項に、1つでも該当する方は受験できません。

  • 日本の国籍を有しない者
  • 成年被後見人及び被保佐人
  • 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで、又はその執行を受けることがなくなるまでの者
  • 滝沢市職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
  • 日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

3 受付期間

平成29年7月18日(火)から同年8月16日(水)の午前8時30分から午後5時15分まで(郵送で受験申込をする場合は、平成29年8月16日(水)午後5時15分必着又は同月15日(火)までの消印有効)。ただし、土・日曜日、祝日を除きます。

4 受験手続

(1)申込用紙の請求等

申込用紙は、次のファイルからダウンロードしたものを使用してください。

また、滝沢市企画総務部総務課又は滝沢市役所東部出張所で配布します。

(全職種共通)

滝沢市職員採用試験受験案内 (407KB; PDFファイル)

(職種毎)

【事務職(一般採用)】滝沢市職員採用試験受験申込書 (244KB; PDFファイル)

【事務職(社会人採用)】滝沢市職員採用試験受験申込書 (246KB; PDFファイル)

【事務職(身体障がい者採用】滝沢市職員採用試験受験申込書 (247KB; PDFファイル)

【土木技術職(一般採用)】滝沢市職員採用試験受験申込書 (245KB; PDFファイル)

【土木技術職(社会人採用)】滝沢市職員採用試験受験申込書 (246KB; PDFファイル)

【保健師】滝沢市職員採用試験受験申込書 (244KB; PDFファイル)

※社会人採用の職務経験等について、必ずこちらをご確認ください。

【社会人採用に関するQ&A】 (154KB; PDFファイル)

(2)受験申込み

  • 希望される職種の申込用紙に必要事項を自分で記入し、滝沢市企画総務部総務課(東部出張所では受付できません。また、土日祝祭日の日直でも受付できません。)へ申し込んでください。
  • 所定の箇所に写真を貼っていない場合は受け付けませんので注意してください。縦4.5cm、横3.5cmの写真(6か月以内に撮影したもの)が、第1次試験で2枚、第3次試験で1枚必要になります。
  • 申込用紙を受け付ける際に受験票を交付します。
  • 郵便で受験申込みする場合は、
    (ア)封筒の表に「滝沢市職員採用試験申込書在中」と赤字で明記し、必ず特定記録郵便か簡易書留扱いで送付願います。
    (イ)82円切手を貼った宛先及び郵便番号明記の返信用封筒(定形サイズ)を同封してください。
    (ウ)受付後、受験票を郵送しますが、8月21日(月)を過ぎても受験票が返送されない場合は、滝沢市企画総務部総務課(656-6558(直通))まで連絡願います。

5 試験の日時及び試験会場

(1)第1次試験

日時

平成29年9月17日(日)午前10時試験開始
※受付時間は、午前9時から9時40分まで

試験会場

岩手大学(盛岡市上田三丁目18番8号)

(受付)岩手大学総合教育研究棟

(2)第2次試験

日時

平成29年10月中旬~11月上旬予定

場所

滝沢市役所
※詳細については、第1次試験合格者へ直接通知します。

(3)第3次試験

日時

平成29年11月下旬予定

場所

滝沢市役所
※詳細については、第2次試験合格者へ直接通知します。

6 試験の方法

(1)第1次試験

「事務職(一般採用)」「事務職(社会人採用)」は教養試験、「事務職(身体障がい者採用)」は教養試験及び事務適性検査、「土木技術職(一般採用)」「土木技術職(社会人採用)」及び「保健師」は教養試験及び専門試験を実施します。

また、全職種において所定の「自己紹介票」を時間内に記入し提出していただきます。

(2)第2次試験

  • 面接試験
    公務員としての適格性を面接により主として人物の面から試験します。
  • 口述試験等
    公務員としての適格性を集団による口述・作業等の試験により行います。
  • 身上調書
    受験資格の有無、申込書記載事項の真偽その他身上について調べを行います。ほかに、市町村長の発行する身分証明書の提出を求める場合もあります。 

(3)第3次試験

  • 面接試験
    公務員としての適格性を面接等により主として人物の面から試験します。

7 合格発表

第1次試験の合否結果については、市ホームページで合格者の受験番号を公表し、合格者のみ本人宛に第2次試験の通知を郵送します。

第2次試験及び第3次試験の合否結果は、市ホームページで合格者の受験番号を公表し、合格者のみ本人宛に合格通知を直接通知します。

8 合格から採用まで

採用の内定した者は、平成30年4月1日から順次採用する予定です。

9 給与

(1)初任給

この試験に合格し、採用される者の初任給(高校卒の場合、大学卒の場合、保健師は短大卒の場合)は次のとおりです。

職種:事務職及び土木技術職
初任給:146,100円(高校卒)
初任給:167,600円(大学卒)

職種:保健師
初任給:195,900円

(注)高校又は短大卒業後の学歴、職歴等のある者については、一定の基準により加算された初任給となります。

(2)諸手当

給料のほかに、扶養手当、通勤手当、住居手当、時間外勤務手当等が支給されます。また、6月及び12月に期末手当及び勤勉手当が支給されます。

(3)昇給

昇給は、毎年1回行われ、民間給与等の動向に応じて別に給与改定が行われる場合があります。

10 勤務時間及び休暇

(1)勤務時間

勤務時間は週38時間45分、週休2日で、1日の勤務時間は7時間45分です。

(2)有給休暇

有給休暇は、次の3種類があります。

  • 年次休暇
    年間20日を限度に付与し、業務に支障のない限りいつでも取得できます。
  • 病気休暇
    ・公務上の負傷又は病気にかかった場合は、その療養に必要と認められる期間承認されます。
    ・結核性疾患の場合は、1年の範囲内で、その療養に必要と認められる期間承認されます。
    ・それ以外の負傷又は病気にかかった場合は、3月の範囲内でその療養に必要と認められる期間承認されます。
  • 特別休暇
    忌引、結婚、出産等の場合にそのつど必要と認められる期間承認されます。

11 共済制度等

地方公務員の共済制度により、職員及びその扶養家族が病気になったときは、一定の基準により医療費を共済組合等が負担します。また、福利厚生制度に基づき、育児、退職、結婚、死亡、災害等に各種の給付が受けられます。

12 年金及び退職手当等

地方公務員の年金制度に基づいて、年金受給年齢に達したときから勤続年数に応じて支給されます。また、勤続期間に応じ相当額の退職手当が支給されます。

13 身分保障等

職員は、勤務実績がよくない場合、心身の故障のため職務の遂行に堪えられない場合等法律に定められている場合のほかには免職等の不利益な処分を受けることはありません。不利益な処分を受けたとき、又は勤務条件に不服があるときは、公平委員会に審査請求あるいは勤務条件に関する措置の要求ができる等十分な身分保障がされています。

14 その他

  • 第1次試験当日は、必要に応じて各自昼食を持参してください。
  • 市職員は、軽装で勤務します。
  • 試験会場及び交通手段については、事前に確認願います。
  • 大学構内には受験者が利用できる自家用車の駐車場はありませんので、試験当日は公共交通機関などをご利用ください。
  • 大学敷地内は、全面禁煙となっております。
  • 職員採用試験のために得た個人情報については、他の目的で使用することはありません。なお、提出された書類は返却いたしませんのでご了承ください。
  • 職員採用試験の合否、結果のお問合せはご遠慮ください。
  • 受験に際し身体障がい等があり配慮が必要な場合には、事前にご連絡ください。

 


(このページの内容のお問い合わせ先)

滝沢市役所 企画総務部
総務課

電話019-656-6558
ファックス019-684-1517
メールメールはこちらのページから

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから】

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について