岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

報道発表(平成28年09月)

とき
平成28年9月8日(金)午後1時半から午後1時45分まで

ところ
滝沢市役所庁議室

 

市発表事項

滝沢市交流拠点複合施設(ビッグルーフ滝沢)の完成について(市民環境部地域づくり推進課)

これまで、整備を進めてまいりましたビッグルーフ滝沢がこの度完成いたしました。
この施設は、「生きがい・発見・創造」を理念に、様々な活動が複合化されることで、一つの拠点となり、交流と賑わいを生むことを目的に整備してまいりました。
施設構成は、大ホール、会議室、市民活動センター等のコミュニティゾーンと図書館ゾーン、観光情報の発信や農産物等の物販、レストランからなる産業創造センターゾーンとなっております。
また、再生可能エネルギーを利用した環境に配慮した施設であり、災害時の避難所、支援物資の一次保管、災害用マンホールトイレなど災害時の機能転換も可能となっております。
平成28年12月1日(木)に、コミュニティゾーン及び図書館が開館し、平成29年4月に、産業創造センターゾーンが開館する予定です。
施設の管理運営は、図書館の運営を除き、平成28年6月1日からの5年10か月間、指定管理者のアルビレオたきざわ共同事業体で実施しております。
施設利用の予約は、10月1日からインターネット、電話等による受付を開始するとともに、内覧会を随時開催いたします。
報道機関の皆さんを対象とした内覧会は、10月3日(月)午後1時半から開催いたしますので、取材等よろしくお願いします。
なお、一般利用者向けの内覧会は、10月8日(土)午前10時から午後4時に開催します。
その後も、随時開催を予定しております。
市といたしましても、市民の皆さん、利用者の皆さん、指定管理者と力を合わせ「みんなでつくるふれあいの大屋根」ビッグルーフ滝沢を盛り上げ、創ってまいります。

 

 

「高齢者の見守りに関する協定」締結について(健康福祉部地域包括支援センター)

滝沢市は、「株式会社南山デイリーサービス」が実施する「お元気確認サービス」について、8月26日に協力協定を締結しました。同社は八戸市を本社とし、盛岡市青山に営業所がある牛乳などの宅配サービスを行う企業です。
「お元気確認サービス」は、宅配利用者にあらかじめ緊急時連絡先を登録してもらい、配達時に安否確認が取れずさらに同日中に確認が取れなかった場合に、希望連絡先や地域包括支援センターへ連絡をもらうというものです。
「お元気確認サービス」及び本協定により、様々な立場から地域の見守りが活発に行われることで孤独死等を未然に防止し、地域福祉の向上が図られることを期待いたします。



宮沢賢治生誕120年「滝沢に残された賢治の足跡をたどる」について(経済産業部商工観光課)

滝沢市・滝沢市観光協会主催、網張ビジターセンター共催による宮沢賢治生誕120年「滝沢に残された賢治の足跡をたどる」が9月11日(日)午前9時半から午後3時の予定で開催されます。
宮沢賢治生誕120年の本年、滝沢市で実際に賢治作品の舞台となった現地を一般の方に訪れてもらい、作品のバックボーンとなった滝沢の自然と賢治作品の魅力について解説を交えながら体験していただきます。
当日は「賢治とベゴ石の会」の方に現地での作品解説、朗読のご協力をいただく予定としております。
【当日のスケジュール】
9:00滝沢市役所集合
9:40バス乗車~9:50南部曲り屋(見学)
10:10高峰山方面分岐手前~(ウォーキング片道20分)~10:30大沢坂峠(作品解説・朗読)
11:10高峰山方面分岐手前バス乗車11:20鬼越蒼前神社(作品解説)~鬼越峠(作品解説)
11:40新鬼越池(作品解説)~11:50姥屋敷の神社前(作品解説)
12:00黒坂森・盗人森(作品解説)
12:30相の沢キャンプ場駐車場「くらかけの雪」詩碑(作品解説、昼食)13:15駐車場発
13:20春子谷地詩碑(作品解説)~笊森(車中より)~
13:40小岩井乳業工場(狼森展望)~14:00小岩井農場・聖なる地~
14:20小岩井駅前「長編詩・小岩井農場」詩碑(作品解説)~篠木坂峠経由(作品解説)~
15:00滝沢市役所着感想用紙回収・解散



チャグチャグ馬コの里・工房フェスタ2016について(経済産業部商工観光課)

チャグチャグ馬コの里・工房フェスタ実行委員会主催による「チャグチャグ馬コの里・工房フェスタ2016」が9月24日(土)~9月25日(日)までの2日間、馬っこパーク・いわて内の特設会場で開催されます。
1日目は午前10時から午後4時まで、2日目は午前10時から午後3時半までの開催時間となります。
滝沢市内の工芸家のほか岩手県内各地から、こだわりの工芸品、手仕事の工房43店が集まり、展示販売されます。両日ともに会場入り口付近ではチャグチャグ馬コのお出迎えを予定しております。地元の食材を使った、お食事コーナーや馬っこパーク・いわての協力による引き馬、乗馬体験、ヤギやうさぎなどのふれあいコーナーも予定し、子どもから高齢者まで楽しめるイベントを予定しています。
また、当日は馬っこパーク・いわての職員や馬術部学生による馬術デモンストレーションも行われます。
市の馬返しキャンプ場で始まったこのイベントは、通算20回目、馬っこパーク・いわてに会場を移し、9回目の開催となります。柳沢地域の工芸家を中心として、実行委員会をつくり現在準備を進めています。
「工芸」と「岩手山麓の自然」、この二つの滝沢ブランドが協働して開催されるこの催しが地域経済の活性化に繋がればと期待しています。




 

 

市発表案件について記者からの当日質問

記者:ビッグルーフ滝沢が12月1日にプレオープンとなりますが、どのような効果を期待されていますか。
市長:図書館が大きくなって使いやすくなります。開館日もビッグルーフに合わせる形になりますので、利用しやすくなり、多くの皆さんに訪れていただけると思います。ホールや集会施設についても、市民の皆さんから多くの意見をいただき、使いやすい施設を目指してきましたので、若い世代から高齢世代まで、さまざまな方に使っていただけると思います。交流の拠点となる施設であり、活性化につながっていくと思います。
記者:完成日と指定管理者への引き渡し日はいつでしょうか。
市民環境部長:完成は8月1日、引き渡しは8月31日となっています。即日指定管理者へ引き渡しをしております。
記者:備品の整備はどのくらい進んでいますか。
市民環境部長:現在は会議室等の机を整備しています。
記者:高齢者の協定について、利用者はどのくらいを見込んでいるのか、また他市町村では同様のことを行っているか伺います。
地域包括支援センター所長:現在登録されている方は10人弱です。高齢者が70人ほど利用されているということですので、それに近づけていきたいと考えています。他市町村については、八戸市、秋田市、雫石町と協定を結んでおり、盛岡市とも協定の準備中とのことです。

 


 

その他について記者からの当日質問

記者:8月31日に平成28年度交通安全功労者交通対策本部長表彰を受けられ、2度目の表彰となりましたが、市民へのメッセージをお願いします。
市長:おそらく、同一の自治体でこれほど近い間隔で表彰を受けたということはないと思います。平成24年に表彰されたときは村でありましたが、今回は4年ぶりで、市として受賞し、新たな気持ちで臨んできました。死亡事故ゼロ2年半を達成し、千日、3年を達成できるように進んでいるところです。今回の表彰を機に市民の皆さんに交通安全意識を高めてもらえるようにしていきたいと思います。

 

 


(このページの内容のお問い合わせ先)

滝沢市役所 企画総務部
企画政策課

電話019-656-6561
                 019-656-6562
ファックス019-684-1517
メールメールはこちらのページから

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから】

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について