岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

ホーム > たきざわライフガイド > 環境 > ごみ減量化・資源化について > みんなで進めるごみ減量化・資源化

みんなで進めるごみ減量化・資源化

市は、循環型社会の形成を目指し、これまで滝沢市一般廃棄物処理基本計画(平成20年3月改定)に基づいてごみ減量化・資源化に取り組んできましたが、前期計画では市民1人1日当たりのごみ排出量に係る目標値を達成することができませんでした。

市は平成41年度から開始予定の盛岡広域8市町によるごみの共同処理を見据え、今後、ごみ処理経費の削減とごみ処理施設及び最終処分場の延命化などを図るため、市民、事業者と連携・協働しながら、ごみ減量化・資源化に取り組むため、次のことを行っていきます。

1 一般廃棄物処理基本計画の改定

市は、循環型社会の形成を目指し、平成3年度に滝沢市一般廃棄物処理基本計画を策定し、その後10年毎に見直し・改定を行いながら、ごみ減量化・資源化に取り組んできました。

前期計画期間(平成20〜29年度)が終了したことから、平成30年3月に同計画を改定し、ごみの適正処理と減量目標値を定め公表しています。

「滝沢市一般廃棄物処理基本計画」の改定について(詳細ページ)

2 ごみ減量化行動計画(前期)の策定

■ごみ減量化行動計画(前期)を策定しました

この計画は、「市民、事業者、各種団体、市が一体となってごみ減量化・資源化の推進に向けて取り組み、

更なるごみ減量化・資源化の推進と、ごみの発生抑制、資源の循環を基本としたまちづくりを実現すること」

を目的としています。

市民、事業者、各種団体、市が一体となってごみ減量化・資源化の推進に取り組んでいきます。

計画については下記をご覧ください。

 滝沢市ごみ減量化行動計画(前期)【全文】 (870KB; PDFファイル)

 滝沢市ごみ減量化行動計画(前期)【概要版】 (309KB; PDFファイル)

■平成31年度のごみ減量化・資源化の取組

市は、行動計画において市民、事業者、各種団体及び市が取り組むべき具体的な個別施策を掲げています。

この個別施策のうち、次の2つの個別施策を平成31年度の重点施策とし、市民、事業者、各種団体及び市が、

連携し協働しながら更なるごみ減量化・資源化に取り組んでいきます。

重点施策1:生ごみ減量の取組促進

 リデュース(ごみの発生抑制)の取組を促進するため、生ごみ減量(食品ロス等)に取り組みます。

  ステップ1 ⇒ 冷蔵庫の整理整頓を行い、賞味・消費期限を把握し、買い過ぎを防ぐ
  ステップ2 ⇒ これまでの買い物の考え方を見直し、買い物上手になる
  ステップ3 ⇒ 食材の「使いきり」を積極的に行う
  ステップ4 ⇒ 料理の「食べきり」を積極的に行う
  ステップ5 ⇒ 生ごみの「水きり」を積極的に行う

重点施策2:スーパー等の店頭回収の取組促進

 食品トレイ、牛乳パック等の容器包装廃棄物の削減に向けた店頭回収等の取組を促進します。

  ステップ1 ⇒ スーパー等の店頭回収品目(食品トレイ、牛乳パック等)を知る
  ステップ2 ⇒ 食品トレイ、牛乳パック等を分別し、汚れている物はふき取り、又は軽くすすいで乾かす
  ステップ3 ⇒ 分別した食品トレイ、牛乳パック等をスーパー等の店頭回収へ積極的に出す

  ※平成31年1月30日締結の「容器包装廃棄物削減への取組に関する協定」に基づく取組


3 ごみ減量化推進委員会の取組

市は、平成30年7月1日付けで新たに「ごみ減量化推進委員会」を設置しました。

これは、「一般廃棄物処理基本計画」「(仮称)ごみ減量化行動計画」、ごみ減量化・資源化の推進について、市民や各種団体から広くご意見を伺うためのものです。

同年10月1日付けで10人の委員の委嘱を行い、これまでごみ減量化推進委員会を3回開催しました(H30.12.21現在)。

 平成30年度第1回ごみ減量化推進委員会 (482KB; PDFファイル)

 平成30年度第2回ごみ減量化推進委員会 (770KB; PDFファイル)

 平成30年度第3回ごみ減量化推進委員会 (469KB; PDFファイル)

 平成30年度第4回ごみ減量化推進委員会 (675KB; PDFファイル)

ごみ減量化推進委員会の意見などを踏まえ、市は今後、3R(リユース、リデュース、リサイクル)の取組促進を始め、各委員が所属する団体の、ごみ減量のための実践行動を含んだ「(仮称)ごみ減量化行動計画」を策定します。


4 容器包装廃棄物削減への取組に関する協定について

市は、平成31年1月30日に市内小売業者や各種団体、市の三者で「滝沢市における容器包装廃棄物削減への取組に関する協定」を締結しました。

これは、使い捨てされる容器包装の発生を抑制することや、資源物の回収拡充を図ることを目的としています。

協定の中では、小売業者による容器包装廃棄物の店頭回収の推進や、各種団体によるマイバッグの持参や店頭回収利用に向けた呼びかけ、市による市民への広報活動等が定められ、市内小売業者や各種団体、市の三者が協働して、ごみの減量化・資源化を推進することになりました。

協定書の内容はこちらからご覧ください。

協定に参加した小売業者5社の、店頭回収の品目はこちらからご覧ください。



(このページの内容のお問い合わせ先)

滝沢市役所 市民環境部
環境課

電話019-656-6510
ファックス019-684-2120
メールメールはこちらのページから

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について