岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

自己負担割合

医療機関の窓口に保険証を提示することで、次の負担割合により、医療費を負担していただきます。残りの金額は、国保が負担します。

70歳未満の方の自己負担割合

対象者

負担割合

義務教育就学前

2

義務教育修学後から70歳未満

3

「義務教育就学前」とは、6歳に達する日以降の最初の3月31日までです。

後期高齢者医療制度で医療を受ける方は除きます。

診療月が1月から7月の場合は前々年の収入から計算された住民税、8月から12月の場合は前年の収入から計算された住民税により区分判定が行われます。

70歳以上の方の自己負担割合

対象者

所得区分

負担割合

70歳以上

75歳未満

昭和1941

以前に生まれた方

現役並み所得者

3

一般所得者

1

低所得者Ⅱ

低所得者Ⅰ

昭和1942

以降に生まれた方

現役並み所得者

3

一般所得者

2

低所得者Ⅱ

低所得者Ⅰ

「現役並み所得者」とは、本人又は同じ医療保険に加入する70歳以上の方の市町村民税の課税標準額が145万円以上の方。ただし、次の条件に該当する70歳以上の方は、申請により「一般所得者」と同じ負担額となります。

  • 家族のうち、同じ保険に加入する70歳以上の方との一年間で得た全ての収入の合計額 が520万円未満(同じ保険に加入する70歳以上の方がいない場合は383万円未満)

「一般所得者」とは、「現役並み所得者」や「低所得者Ⅱ」、「低所得者Ⅰ」のいずれにも該当しない70歳以上の方。

「低所得者Ⅱ」とは、同一世帯の世帯主および国保加入者全員が住民税非課税で、「低所得者Ⅰ」に該当しない70歳以上の方。

「低所得者Ⅰ」とは、同一世帯の世帯主および国保加入者全員が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる70歳以上の方。

後期高齢者医療制度で医療を受ける方は除きます。

診療月が1月から7月の場合は前々年の収入から計算された住民税、8月から12月の場合は前年の収入から計算された住民税により区分判定が行われます。

(このページの内容のお問い合わせ先)

滝沢市役所 健康福祉部
保険年金課 (国民健康保険担当)

電話019-656-6528
ファックス019-684-2245
メールメールはこちらのページから

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について