岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

ホーム > たきざわデーターバンク > 滝沢市の概要 > 滝沢市の歴史と文化 > 滝沢市の指定文化財 > 滝沢市指定天然記念物 春子谷地湿原植物群落

滝沢市指定天然記念物 春子谷地湿原植物群落

  春子谷地は、岩手山登山口の柳沢から姥屋敷方面へ約3km行ったあたりにあり、岩手山南東の鞍掛山山麓に開けた湿原で、標高450m前後であり鞍掛山(897m)からの伏流水(ふくりゅうすい)の湧水によって成りたっています。この湿原は有史以前に奥羽山脈の山麓地帯の広い範囲にあったと思われる湿原を代表するものの一つであるといわれています。現在この周辺には人工草地や畑が作られているにもかかわらず、湿原にはほとんど人の手が加えられることがなく、自然状態が良く保存されています。 

  (写真)ミズバショウと岩手山湿原に生えているもののうちで分布の上から珍しいものは、シロミノハリイ、シラカワスゲ、ホソコウガイゼキショウ、イトナルコスゲ、ホロムイクグ、ホソバノシバナなどであり、特にシロミノハリイは日本における分布の南限となっています。この他に主な植物をあげるとシャジクモの一種、ミズゴケ、ヒメミクリ、ヘラオモダカ、ヨシ、ヌマガヤ、ヤチスゲ、サギスゲ、ワタスゲ、ミズバショウ、キンコウカ、コバイケイソウ、ノハナショウブ、エゾハンノキ、ヒツジグサ、モウセンゴケ、ウメバチソウ、ナガボノシロワレモコウ、ハイイヌツゲ、ミヤマウメモドキ、イソノキ、ミズオトギリ、レンゲツツジ、クサレダマ、サクラソウ、エゾオヤマリンドウ、ミツガシワ、ムラサキミミカキグサ、サワギキョウ、マアザミ、ミズギクなどがあります。

  季節によって、春にはエゾハンノキやミズバショウ、サクラソウが咲き、夏にはノハナショウブやヒツジグサ、モウセンゴケが咲き、サギスゲやワタスゲの白い綿毛が風にそよぎます。そして秋にはウメバチソウやサワギキョウ、エゾリンドウが見られます。

  このように、この湿原には珍しい植物が生えているばかりでな く、永い間に亙り、自然がうけつがれて来たものであり、この残された大切な自然を長い目で見守ってゆかなければならないのではないでしょうか。

【春子谷地写真館】その1

【春子谷地写真館】その2

【春子谷地写真館】その3

<画像提供>
岩手県立博物館専門学芸調査員  鈴木まほろ  様

 
  • 所在地
    滝沢市岩手山268番地6
  • 所有者
    滝沢市
  • 指定年月日
    昭和44年4月26日

 


(このページの内容のお問い合わせ先)

滝沢市教育委員会
生涯学習文化課

電話019-656-6588
                 019-656-6589
ファックス019-684-4990
メールメールはこちらのページから

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから】

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について