岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3

音声読み上げ文字拡大サービスサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

ホーム > たきざわライフガイド > 健康 > 感染症情報 > 新型コロナウイルスワクチン関連情報 > 市の新型コロナウイルスワクチン接種に関する基本情報

市の新型コロナウイルスワクチン接種に関する基本情報

滝沢市からの新型コロナウイルスワクチンに関する情報発信について

市では、当ホームページ、広報のほか以下の手段で情報発信しております。

LINE「滝沢市公式アカウント」 

市の予約受付状況等について随時お知らせしております。

上のQRコードを読み取り、「滝沢市」アカウントを「追加」して操作完了です。

岩手朝日テレビ(IAT)データ放送内

予約方法や、予約受付状況、接種会場、市内の接種状況等についてお知らせしております。
データ放送の閲覧方法についてはこちら (241KB; PDFファイル)をご覧ください。

PDFファイルの閲覧には、無償配布されている「Adobe Reader(アドビリーダー)」のソフトウェアが必要です。
アドビリーダーをお持ちでない方は、アドビ社からダウンロードしてください。
Get ADOBE READER

滝沢市における接種状況について

市におけるワクチン接種状況(令和3年10月22日時点)は下表のとおりです。

接種回数 接種済み数
(内65歳以上の数)
全体の接種率
(内65歳以上の接種率)
1回目 40,259人  
(13,670人)  

81.1%  

(96.6%) 

2回目

32,968人  

(13,381人) 

66.4%  
(94.6%) 
  • 滝沢市民の65歳以上の人口は14,138人(令和3年1月1日時点)
  • 滝沢市民の接種対象人口(満12歳以上)は49,606人(令和3年1月1日時点)

接種対象者・接種順位及び接種時期

接種対象者・接種順位について

まずは医療従事者等への接種を行い、次に重症化リスクの高い65歳以上の高齢者(昭和32年4月1日以前に生まれた人)、その次に基礎疾患を有する人や高齢者施設等の従事者など、接種対象者を段階的に拡大していきます。

※市民の皆様へは、市から「接種券」を郵送します。

接種時期について

65歳以上の方及び基礎疾患のある方(満12歳以上)への接種を開始しています。
64歳以下の方(基礎疾患のない方)は年齢区分に応じて開始しております

滝沢市が定める優先接種順位について

64歳以下の接種については、国の定めるとおり基礎疾患のある方、高齢者施設従事者を優先としております。市民の方については年齢の高い順に接種を進めることと並行し、次に定める優先順位により接種を進めていきます。

順位 区分 対象者
1 保育士、放課後児童クラブ指導員等 市内の保育園、認定こども園、幼稚園、放課後児童クラブに勤務する職員並びに障害福祉サービスの受給者及びサービス提供事業所で勤務している方
2 滝沢市立小中学校教員等 市立小中学校に勤務する教職員
3 ライフライン従事職員 市上下水道部、滝沢・雫石環境組合、盛岡地区衛星処理組合の職員及び関係企業職員
4 民生・児童委員 市長が委嘱する民生・児童委員
5

滝沢市消防団員

市消防団員
6 公共交通従事者 公共交通機関(岩手県交通、岩手県北バス、JRバス東北、富士モータース、フジクラドライブクラブ、三八五交通盛岡営業所、滝沢交通、みたけタクシー、雫石タクシー、IGRいわて銀河交通)に従事する職員
7 12~18歳の者 12~18歳の小・中学生及び高校生
8
妊婦及び同居の配偶者またはパートナー 妊婦及び同居の配偶者またはパートナー

予約キャンセル等によるワクチン余剰発生時の対応について

滝沢市では、接種予約のキャンセル等により余剰となったワクチンについては可能な限り無駄にしないために、以下の優先順位によって接種協力者を募って接種を行っています。今後も国の指針を参考にしながら、順位等含め検討していきます。

優先順位 接種者区分 対応
1 医療従事者
(事務従事者含む)
各接種会場内に未接種の医療従事者・事務従事者がいる場合に接種します。
2 64歳以下の滝沢市民で接種券をお持ちの方 滝沢市新型コロナワクチン接種キャンセル待ち申請書を提出いただいた方のリストの中から抽選し、該当した方に接種します。
3 滝沢市職員等 優先順位2位までで該当する方がいなかった場合に接種を希望する市職員等に接種します。


接種回数・費用

国が確保を予定しているワクチンには複数の種類がありますが、いずれのワクチンも21日から28日間隔で2回接種します。

接種費用は無料です。

ワクチンの種類・配給予定

現在滝沢市に配給されているワクチンはすべてファイザー社製です。
市に配給されるワクチンの現在の状況は下記のとおりです。

期間 箱数(配給累計数) 回数(配給累計数)
4~7月分 30箱(30箱)

34,310回分(34,310回分)

8月2日及び9日の週 5箱(35箱) 5,850回分(40,160回分)
8月16日及び23日の週 5箱(40箱) 5,850回分(46,010回分)
8月30日及び9月6日の週 5箱(45箱) 5,850回分(51,860回分)
9月13日及び9月20日の週 7箱(52箱) 8,190回分(60,050回分)
9月26日及び10月3日の週 6箱(58箱) 7,020回分(67,070回分)

※現在記載している期間以降も市の要望に応じて国からワクチンが順次供給される予定です。
※滝沢市民で接種対象となる方は49,606人いらっしゃいます(令和3年1月1日時点)。

ワクチンの数量については、冷凍庫(ディープフリーザー)の貯蔵可能数とワクチンの使用期限を勘案したうえで、必要数量を国に要望し、配給を受け管理しています。

接種会場

集団接種会場

個別接種会場

  • 滝沢中央病院
  • 栃内第二病院
  • あべ整形外科医院
  • 飯島医院
  • 植田内科消化器科医院
  • 金井耳鼻咽喉科クリニック
  • かなもり神経科内科クリニック
  • こんの神経内科・脳神経外科クリニック
  • 杉江内科クリニック
  • 鈴木小児科
  • 高橋内科胃腸科クリニック
  • 山口クリニック
  • ゆとりが丘クリニック

※急患等の対応のため、予約時間内に来場してもお待たせする場合がありますのでご了承ください。

※原則、居住地(住民票所在地)の市町村内の集団接種会場や医療機関でワクチン接種を受けることになります。住民票所在地以外でワクチン接種を受ける場合はこちら

接種会場までのタクシー利用が必要な方へタクシー券を交付します

ワクチン接種会場(滝沢市外の会場含む)への移動手段にタクシーが必要な方へ、タクシー券を交付します。

交付については、接種前に申請が必要となります。
※集団接種会場(滝沢ふるさと交流館)までの無料送迎バスは令和3年7月末で終了しました。

対象となる方

以下の全てに該当する方

  • 滝沢市民の方
  • 歩行が困難な方(要介護、障がい、怪我、疾病等により)
  • 自身や同居家族による車での送迎ができない方

受付期間(使用期限)

令和3年12月10日まで(令和4年1月末まで使用可)
※市の予算額に達した時点で受付を終了します。

申請方法

申請書 (22KB; MS-Wordファイル)に必要事項を記入し、市役所へ提出(郵送、FAXまたは窓口に提出)してください。

  • 郵送先
    〒020-0692 滝沢市中鵜飼55番地新型コロナウイルスワクチン接種実施本部宛て
  • FAX
    019-684-4194
  • 市窓口
    10番窓口(市役所1階児童福祉課隣)

新型コロナウイルスワクチン接種市町村輸送強化事業費補助申請書 (136KB; PDFファイル)

PDFファイルの閲覧には、無償配布されている「Adobe Reader(アドビリーダー)」のソフトウェアが必要です。
アドビリーダーをお持ちでない方は、アドビ社からダウンロードしてください。
Get ADOBE READER

使用方法

  1. 市役所からタクシー券交付される(4枚で4,000円分)。
  2. 乗車日(予約した接種日)の前日までにタクシー券を利用できるタクシー会社へ電話予約する
  3. 乗車日当日にタクシーを利用して接種会場へ行き、降車時(精算時)にタクシー券で支払いする(1回の乗車につき1枚まで)。
    ※1,000円を超えた分は自己負担
  4. 接種後、帰宅時の精算時にもタクシー券で支払いする
    ※2回目の接種時も同様(各接種日に2枚使用)

利用できるタクシー会社

こちらをご覧ください (78KB; PDFファイル)

PDFファイルの閲覧には、無償配布されている「Adobe Reader(アドビリーダー)」のソフトウェアが必要です。
アドビリーダーをお持ちでない方は、アドビ社からダウンロードしてください。
Get ADOBE READER

注意事項

  • タクシー券はワクチン接種の移動以外には使用できません。接種会場と自宅との移動のみに使用できます。
  • 障がい、要介護、怪我、疾病等により歩行困難な方が対象です。
  • タクシー券1枚につき、1,000円を超えた差額は自己負担で、降車時にタクシー運転手へ支払いすることとなります。

接種予約について

接種は完全予約制で、電話予約かWEB予約が必要です。
予約の方法はこちら
市役所窓口での予約手続きはできません。

電話予約

滝沢市新型コロナワクチン接種コールセンター
019-606-8065

WEB予約

予約サイト:https://vaccines.sciseed.jp/takizawa

市予防接種実施計画について

市の新型コロナワクチン予防接種実施計画を策定しましたのでお知らせします。(令和3年9月改訂)

「滝沢市新型コロナワクチン予防接種実施計画(令和3年9月改訂版)」はこちら (494KB; PDFファイル)

「滝沢市新型コロナワクチン予防接種実施計画」はこちら (初版)(525KB; PDFファイル)

PDFファイルの閲覧には、無償配布されている「Adobe Reader(アドビリーダー)」のソフトウェアが必要です。
アドビリーダーをお持ちでない方は、アドビ社からダウンロードしてください。
Get ADOBE READER

ワクチンの注意点等・国からのワクチンに関するお知らせ

接種を受けた後の注意点

・本ワクチンの接種を受けた後、15 分以上(過去にアナフィラキシーを含む重いアレルギー症状を起こしたことがある方や、気分が悪くなったり、失神等を起こしたりしたことがある方は30 分以上)、接種を受けた施設でお待ちいただき、体調に異常を感じた場合には、速やかに医師へ連絡してください。(急に起こる副反応に対応できます。)

・注射した部分は清潔に保つようにし、接種当日の入浴は問題ありませんが、注射した部分はこすらないようにしてください。

・当日の激しい運動は控えてください。

副反応について

主な副反応は、注射した部分の痛み、頭痛、関節や筋肉の痛み、疲労、寒気、発熱等があります。また、まれに起こる重大な副反応として、ショックやアナフィラキシーがあります。なお、本ワクチンは、新しい種類のワクチンのため、これまでに明らかになっていない症状が出る可能性があります。接種後に気になる症状を認めた場合は、接種医あるいはかかりつけ医に相談してください。

予防接種健康被害救済制度について

予防接種では健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めてまれではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。新型コロナワクチンの予防接種によって健康被害が生じた場合にも、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。申請に必要となる手続きになどについては、住民票がある市町村にご相談ください。

国からの新型コロナワクチンに関するお知らせ

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで(祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について