岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3
Loading

音声読み上げ文字拡大サービス携帯用サイトサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

ホーム > たきざわライフガイド > 育児・教育 > 学校給食 > 学校給食における放射性物質の測定について

学校給食における放射性物質の測定について

 

  学校給食センターでは、給食の放射能の影響に対する不安を軽減するため、地場農産物の納入が開始される平成247月から独自の放射性物質濃度測定を開始しました。

  そして、平成254月からは給食1食分(牛乳含む)の放射性物質濃度測定も開始しました。

 

  市場を流通している食品は、出荷段階で出荷制限等の必要な措置が取られており、市場を通さずに直接納入される地場農産物を中心に測定を行い、給食の一層の安全安心の確保と不安の解消を図ります。

 

  なお、地場農産物については、これまでの測定結果がすべて「不検出」であったことから毎月品目ごとに最初に提供する食材を測定し「不検出」の場合は、以後その月の測定は省略するものとします。 

 

<測定の概要>

1)測定機器

    Nal(TI)シンチレーションスペクトロメータ

2)測定品目

   ・地元から仕入れる農産物地場農産物(野菜類等)を中心とする。

   ・提供後の給食まるごと1食分(牛乳含む)

3)測定物質

    放射性物質セシウム134、セシウム137

4)測定結果の公表

   市ホームページ及び毎月の「献立のお知らせ」で公表します。

5)食品衛生法の基準値を超えた場合の対応について

   国が定める食品中の放射性物質(セシウム)の基準を超えた食材については、使用しないこととします。

   また、基準値の2分の1を超える場合には、県への精密測定(ゲルマニウム半導体検出器による測定)

   の依頼を行います。この場合も給食には使用しないこととします。

 

 

<学校給食センター測定結果>  

(1)給食1食分の測定結果

○測定結果(H29・4月分51KBPDFファイル

○測定結果(H29・5月分49KBPDFファイル

○測定結果(H29・6月分55KBPDFファイル

○測定結果(H29・7月分52KBPDFファイル

○測定結果(H29・8月分52KBPDFファイル

○測定結果(H29・9月分50KBPDFファイル

 

(2)地場農産物の測定結果

○測定結果(H29・7月分43KBPDFファイル

○測定結果(H29・8月分46KBPDFファイル

○測定結果(H29・9月分49KBPDFファイル


 

○「不検出」の意味について

  「不検出」とは、測定した結果、「放射性物質が存在しない」または、「検出限界濃度未満」であったことを表しています。

○「検出限界濃度」とは

  「検出限界濃度」とは、機器が検出できる最小の値で、測定試料の量やバックグラウンドの値(自然放射線の量)など

  によって変わるため、測定試料ごとに値は変化します。

 

年度(平成24~28年度)の測定結果はこちらになります。

<参考>

○食品衛生法に基づく食品中の放射性セシウムの新基準値

食品群

基準値(Bq/Kg)

一般食

100

乳児用食品

50

50

飲料水

10

 

 

 

 

※平成24年4月から施行

○厚生労働省作成のリーフレット

(457KB:PDFファイル)


(このページの内容のお問い合わせ先)

滝沢市教育委員会
学校給食センター

電話019-687-3451
ファックス019-687-3452
メールメールはこちらのページから

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから】

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで((祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について