岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3

音声読み上げ文字拡大サービスサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

ホーム > たきざわコミュニティ > 学ぶ・集まる > 施設公園 > 滝沢市埋蔵文化財センター

滝沢市埋蔵文化財センター

滝沢市埋蔵文化財センターを開館します。令和3年9月17日(金)


 令和3年9月16日「新型コロナウイルス感染症岩手緊急事態宣言」発令解除に伴い、埋蔵文化財センターを令和3年9月17日より開館します。


埋蔵文化財センターの外観開館のお知らせと利用上のお願い

開館日・・・火、水、木、金、土、日曜日、祝日(年末年始をのぞく)

休館日・・・毎週月曜日(月曜日が祝祭日の場合は次の平日)、年末年始

開館時間・・・午前9時から午後4時30分まで

なお、11月3日(文化の日)は入館料が無料となります。


また、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下の取組へのご協力をお願いします。

・体調のすぐれない方のご利用はご遠慮ください。

・感染症発症時の対応のため、施設利用者個票の記入にご協力をお願いします。

・入館時には、手指のアルコール消毒及びマスクの着用をお願いします(マスクを着用されていない方の入館はご遠慮ください)。

・入館時の検温をお願いします。

・手に触れられるパズルなどは、現在撤去しております。

・長期間の滞在はご遠慮ください。

・しばらくの間、団体での入館をお断りしております。

・今後も近隣地域で感染者が確認された場合等は、臨時休館させていただくことがあります。

・特定警戒都道府県から岩手に来県、または帰県される皆さまに対しまして、今までいた都道府県の自粛の要請の趣旨を踏まえて、来県後2週間、慎重に行動していただきますようお願いします。


感染症拡大防止のため、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


新型コロナウイルス感染症の状況を鑑み、(2)の講座についても中止させていただきますので、ご了承いただきますようお願いいたします(11月27日追記)。

■講座・講演会のお知らせ■

岩手大学公開講座・滝沢市埋蔵文化財センター開館20周年記念講演会

(1)「安倍・清原氏から奥州藤原氏へ」

都市平泉を創成した奥州藤原氏にいたる過程を、安倍・清原氏の時代を中心に文献史学と考古学から考える企画です

日時:令和2年11月21日(土)13時30分から16時25分(12時30分から受付) →中止

会場:滝沢ふるさと交流館ホール(滝沢市土沢265ー3)

演題:

   室野秀文氏(盛岡市遺跡の学び館文化財副主幹)

      「遺跡から見た古代末期の厨川ー滝沢台地とその周辺ー」

   井上雅孝(滝沢市埋蔵文化財センター総括主査)

      「土器から見た安倍・清原・奥州藤原氏」

   菅野文夫氏(岩手大学教育学部教授)

      「古代から中世へー北方の役割」

入場料:無料

定員:170名

申込期限:11月13日(金)

申込方法:講演会名、住所、氏名、電話番号を明記し、FAXもしくはメールで「滝沢市埋蔵文化財センター」にお申し込み下さい。後日、入場整理券をお送りします。

主催:岩手大学平泉文化研究センター、滝沢市教育委員会、滝沢市埋蔵文化財センター

埋蔵文化財センター開館20周年記念講演会

(2)「土器と墓制から見た        北東北の続縄文文化」

日時:令和2年12月13日(日)13時から16時30分(12時30分から受付) →中止

会場:ビッグルーフ滝沢大ホール

演題:

  鈴木信氏(北海道立埋蔵文化財センター調査部長)

    「続縄文における文化接触と変容−北海道と北東北の比較−」

  木村高氏(青森県埋蔵文化財センター文化財保護主幹)

    「続縄文文化の南下と古墳文化の北上」

  小保内裕之氏(八戸市博物館館長)

    「古墳時代中期のフロンティアライン−田向冷水遺跡−」

  島田祐悦氏(横手市教育委員会文化財保護課埋蔵文化財係長)

    「秋田県の古墳文化と続縄文文化」

  井上雅孝(滝沢市埋蔵文化財センター総括主査)

    「岩手県における続縄文文化の土器と墓制」

入場料:無料

定員:190名

申込期限:12月4日(金)

申込方法:講演会名、住所、氏名、電話番号を明記し、FAXもしくはメールで「滝沢市埋蔵文化財センター」にお申し込み下さい。後日、入場整理券をお送りします。

主催:滝沢市埋蔵文化財センター

※ご来場の際は、新型コロナウイルス感染症対策のため、マスクの着用、受付時の検温と手指消毒等にご協力ください。また、座席配置等については係員の指示に従ってください。

問合せ・申込先:滝沢市埋蔵文化財センター

〒020−0617 岩手県滝沢市湯舟沢327−13

問合せ先電話:019−694−9001(直通)

申込ファックス:019−694−9007

申込メールアドレス:maibun@city.takizawa.iwate.jp



滝沢市内には、先人たちの生活の痕跡である埋蔵文化財が、地中に数多く残されております。
滝沢市埋蔵文化財センターでは、これらの埋蔵文化財を保護・活用し、未来への遺産として伝えていくことを目的として活動しております。

埋蔵文化財センターの役割

滝沢市埋蔵文化財センターは、埋蔵文化財の発掘調査と保存、研究、記録を目的とした室内整理、出土遺物の収蔵と展示公開等、埋蔵文化財の普及を実施するための中心的施設として、平成12年4月にオープンしました。

展示室

展示室では、市内の発掘調査で出土した多数の遺物を各時代別に展示しております。

史跡公園「湯舟沢環状列石」

センターの裏側には、「湯舟沢環状列石」が史跡公園として整備され自由に見学できます。 

埋蔵文化財センターのご案内

  • 地図所在地
    〒020-0617
    岩手県滝沢市湯舟沢327-13


  • 規模
    鉄筋コンクリート一部3階建
    敷地面積/1,770平方メートル
    延床面積/1,095平方メートル
    展示室/108平方メートル
    研修室/90平方メートル
    史跡公園面積/9,700平方メートル


  • 開館時間
    午前9時~午後4時30分


  • 休館日
    毎週月曜日(祝日等を除く)年末年始(12月29日~1月3日)


  • 入場料
    【一般(大学生含む)】200円
    【幼児~高校生】無料
    【団体(20人以上)】 100円

※ただし、下記の項目に該当する場合は入館料を免除します。

(1)  教育課程に基づく教育活動として、小学校児童、中学校生徒又は高等学校生徒を引率する者が入館するとき。

(2)  市が主催して行う事業の一環として入館するとき。

(3)  身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条の規定による身体障害者手帳の交付を受けている者及びその介護者

(4)  精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条の規定による精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者及びその介護者

(5)  戦傷病者特別援護法(昭和38年法律第168号)第4条の規定による戦傷病者手帳の交付を受けている者及びその介護者

(6)  知的障害者療育手帳交付規則(昭和49年岩手県規則第57号)第2条の規定による療育手帳の交付を受けている者及びその介護者

  • 交通案内

車でのアクセス
東北自動車道滝沢ICから約10分

  • 路線バスでのアクセス

盛岡バスセンターから「あすみ野」行き(盛岡駅経由)

「あすみ野中央」下車徒歩約5分 
 


(このページの内容のお問い合わせ先)

滝沢市埋蔵文化財センター

電話019-694-9001
ファックス019-694-9007
メールメールはこちらのページから

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで(祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について