岩手県滝沢市ロゴ

平成26年1月1日~滝沢市誕生!

『人口日本一の村』から『住民自治日本一の市』を目指して

 

 

画像3

音声読み上げ文字拡大サービスサイトマップ

たきざわライフガイドたきざわデータバンクたきざわコミュニティたきざわ行政情報

ホーム > たきざわコミュニティ > 協働・参画 > 滝沢まちづくり応援寄附金(ふるさと納税)

滝沢まちづくり応援寄附金(ふるさと納税)


ふるさと納税とは、自分が生まれ育った「ふるさと」に貢献したい、自分との関わりが深い地域を応援したい、という気持ちを形にする仕組みとして設けられた制度です。

滝沢市(旧滝沢村)では平成27年3月に第1次滝沢市総合計画を策定し、滝沢市自治基本条例に掲げられた地域のめざすべき姿である「誰もが幸福を実感できる活力に満ちた地域」を実現するための取組を進めております。ふるさとの滝沢市を離れて全国各地で活躍されている皆さん、そして全国の滝沢市ファンの皆さん、ぜひとも趣旨をご理解の上、ご支援を頂きますようお願いいたします。

寄附をした場合に、2,000円を超える部分(限度額あり)について、所得税・住民税から控除(減額)されます。


(岩手山)

 

ふるさと納税していただいた方に返礼品を贈呈します

平成27年8月1日(土)から、滝沢市でもふるさと納税をされた方に金額に応じて返礼品を贈ることとしました。
返礼品は、食品や工芸品など様々なジャンルから取り揃えております。なお、返礼品を辞退することもできます。

総務省の通知により、平成29年4月1日(土)から滝沢市民が滝沢市(地元)に寄附した場合は返礼品を贈呈できないこととなりました。
また、金銭類似性が高いもの(商品券等)に当たるとの指導により、小岩井農場のギフトカードを除外しました。

 

寄附の申し込みはふるさと納税ポータルサイトからどうぞ

寄附の申し込みは、便利で簡単なふるさと納税ポータルサイトからどうぞ。
インターネットからの申込みで、クレジットカード払いやマルチペイメント払いなど様々な支払方法を選択できます。


ふるさとチョイス

楽天ふるさと納税
楽天ふるさと納税

さとふる
さとふる

ふるなび
ふるなび

インターネットを使わない寄附方法

インターネット(ふるさと納税ポータルサイト)を使った方法のほか、寄附申出書を提出する方法でもご寄附いただけます。

「寄附申出書」をダウンロードし、必要事項を記入の上、ファクス又は郵便でご提出ください。

寄附申出書 (17KB; MS-Wordファイル)

寄附申出書 (140KB; PDFファイル)

支払方法

インターネットを使わない場合の支払方法は、次のうち(郵便振替、市からの納付書、市指定金融機関口座への振込み、現金書留)からお選びいただけます。

郵便振替によるご寄附

  1. 寄附をしてくださる方は、「寄附申出書」を滝沢市観光物産課へファックス・郵便で、または「ふるさとチョイス」申込みフォームから入力送信してください。
  2. 寄附申出書が到着次第、郵便振替用紙を送付します。
  3. 全国のゆうちょ銀行及び郵便局の窓口で、郵便振替用紙に記入の上払い込んでください。
  4. 後日、払い込みが確認できしだい「寄附金受領証明書」を送付します。「寄附金受領証明書」は税の申告(翌年3月15日まで)に使いますので、大切に保管してください。
    ※手数料はかかりません

市から送付される納付書によるご寄附(岩手県内の方限定)

  1. 寄附をしてくださる方は、「寄附申出書」を滝沢市観光物産課へファックス・郵便で、または「ふるさとチョイス」申込みフォームから入力送信してください。
  2. 寄附申出書が到着次第、「納付書」を送付します。
  3. 滝沢市の指定金融機関、収納代理金融機関、ゆうちょ銀行を除くその他金融機関、または滝沢市の窓口で払い込んでください。
  4. 後日、払い込みが確認できしだい「寄附金受領証明書」を送付します。「寄附金受領証明書」は税の申告(翌年3月15日まで)に使いますので、大切に保管してください。

          

指定金融機関、収納代理金融機関:

 新岩手農業協同組合、岩手銀行、東北銀行、北日本銀行、盛岡信用金庫、東北労働金庫の本店・各支店・各出張所、岩手県信用農業協同組合 連合会

※指定金融機関、収納代理金融機関は、手数料がかかりません。上記以外の金融機関において、滝沢市から送付する納付書により払い込む場合は、払い込み手数料がかかりますのでご了承願います。

 

市指定金融機関の口座への振込みでのご寄附

  1. 寄附をしてくださる方は、「寄附申出書」を滝沢市観光物産課へファックス・郵便で、または「ふるさとチョイス」申込みフォームから入力送信してください。
  2. 寄附申出書が到着次第、振込口座を郵送または電子メールでお知らせします。
  3. 指定口座へ振り込んでください。
  4. 後日、振り込みが確認できしだい「寄附金受領証明書」を送付します。「寄附金受領証明書」は税の申告(翌年3月15日まで)に使いますので、大切に保管してください。
    ※振り込み手数料は、寄附者にご負担をお願いします。

現金書留によるご寄附

  1. 必要事項を記入した、「寄附申出書」を同封し、滝沢市観光物産課へ現金書留で郵送してください。
  2. 後日「寄附金受領証明書」を送付します。「寄附金受領証明書」は税の申告(翌年3月15日まで)に使いますので、大切に保管してください。
    ※郵便料金は、寄附者にご負担をお願いします。

税金が控除されます

寄附金額のうち、2,000円を超える部分について、一定の限度(おおよそ個人住民税所得割額の20%)まで所得税と個人住民税から控除されます。

控除される税目

所得税及び個人住民税

このほか相続税についても、控除の対象となる場合があります。詳しくは国税局、税務署、税理士などにご相談ください。

控除対象となる寄附先

総務大臣の指定を受けた地方団体(都道府県及び市区町村)
滝沢市は、総務大臣の指定を受けております。

控除対象となる寄附金額

寄附金から 2,000円を差し引いた金額
なお、税額控除の計算に当たり、地方公共団体に対する寄附金以外の寄附金と合わせて、総所得金額等の30%を上限とします。

住民税の寄附金控除額の計算方法

(1)と(2)の合計額を翌年度の個人住民税の所得割額から差し引きます。

(1)(地方公共団体に対する寄附金-2,000円)×10%

(2)(地方公共団体に対する寄附金-2,000円)×(90%-0~40%の寄附者の所得税の税率×1.021)

※(2)については、個人住民税の所得割額の20%が限度となります。


税控除を受けるには確定申告が必要です

税控除を受けるためには、確定申告(又はワンストップ特例申請)が必要です。

確定申告の期間は、寄附をした翌年の2月16日から3月15日までです。
確定申告書を作成の上、寄附金受領証明書(領収書)を添付し、税務署に提出してください。

※住民税の寄附金税額控除の適用のみを受けようとする場合は、寄附をした翌年の1月1日現在お住いの市区町村へ申告してください。
※詳細は、お住いの市区町村又は税務署にお問い合わせください。


ワンストップ特例制度の利用で確定申告が不要に

ワンストップ特例制度を利用すると、確定申告をしなくとも税控除を受けることができます。
制度を利用できるのは次の2つの条件を満たす人です。

条件

  1. ふるさと納税以外で確定申告をする必要がないこと

    自営業の人や医療費控除を受ける人など、そもそも確定申告が必要な人は、ワンストップ特例を使うことはできません。

  2. 寄附先の自治体が5自治体以下であること

    6以上の自治体に寄附をする人は、ワンストップ特例を使うことはできません。なお、同じ自治体に2回寄附した場合、1自治体として数えます。

注意事項

ワンストップ特例を申請していた人がその後に条件を満たさなくなった場合、ワンストップ特例申請は無効になります。確定申告を行ってください。

申請期限

寄附をした翌年の1月10日(必着)

寄附を申し込む際にワンストップ特例制度の利用を希望した人には、市からワンストップ特例申請書の様式を郵送します。
しかし年末に寄附申込をした場合、市から送付される様式を待っていては、期限に間に合わなくなる場合があります。
年末に寄附をする場合は、ご自身で様式をダウンロードして申請いただくようお願いします。

ワンストップ特例申請に関する様式など

ワンストップ特例申請書 (122KB; PDFファイル)

ワンストップ特例申請書添付書類 (117KB; PDFファイル)

記入例

ワンストップ特例申請書記入例 (293KB; PDFファイル)

ワンストップ特例申請書提出後に住所や氏名等が変更になった方は変更届出書を提出してください。

ワンストップ特例申請事項変更届出書 (289KB; PDFファイル)

関連サイトへのリンク

クリックすると外部サイト(総務省ホームページ)にジャンプします。

寄附金の使い道

    皆様から頂戴いたしました寄附金の活用につきましては、次の5つの施策に活用させていただきます。

    滝沢市へ多大なる御寄附をいただき、大変ありがとうございました。

 

1.岩手山、鞍掛山、春子谷地などすぐれた自然環境を保全するために

[令和2年度寄附金活用事業]

○環境保全対策事業(2,300千円)

○多面的機能支払事業(3,200千円)

○観光施設管理運営事業(2,000千円)

○自然資源保護管理事業(700千円)

○市有林整備事業(100千円)

計8,300千円

※かっこ内の金額は令和2年度決算寄附金充当額

宮沢賢治も親しんだ、滝沢市内外から毎年2万人を超える登山客が訪れる鞍掛山の登山口

2.みんなで生き生きと働き、地域の産業が元気になるまちづくりに

[令和2年度寄附金活用事業]

○滝沢市特産品開発事業(1,400千円)

○物産振興事業(1,900千円)

計3,300千円

※かっこ内の金額は令和2年度決算寄附金充当額

滝沢市産の酒米を使用した日本酒「鞍掛山」と滝沢市産のリンゴを100%使用したワイン「ポム」「ポムスパークリング」

3.心身ともに健康で、子育てしやすく、高齢者や障がい者にやさしいまちづくりに

[令和2年度寄附金活用事業]

○乳幼児保健事業(4,400千円)

○育児支援事業(3,000千円)

○特定不妊治療助成事業(2,200千円)

計9,600千円

※かっこ内の金額は令和2年度決算寄附金充当額

6月の初夏を彩る風物詩として親しまれているチャグチャグ馬コ(うまっこ)と子供たち

   

4.次代を担う子供たちが豊かな心を育み市民一人ひとりが自己実現できるまちづくりに

[令和2年度寄附金活用事業]

○図書館管理運営事業(図書の購入など)(3,700千円)

計3,700千円

※かっこ内の金額は令和2年度決算寄附金充当額

平成28年12月1日に市役所前ビッグルーフ滝沢1階にリニューアルオープンした滝沢市立湖山図書館

5.上記以外で、滝沢市が将来的に発展するためのまちづくりに

[令和2年度寄附金活用事業]

○地域自治活動事業(4,800千円)

○滝沢地域づくり活動推進補助事業(300千円)

計5,100千円

※かっこ内の金額は令和2年度決算寄附金充当額。

北西部の峠道より滝沢市役所を望む

令和2年度の寄附者及び目的(使途)別寄附金額の公表

    令和2年度にいただいた寄附のうち、 氏名等の公表を希望された方は、以下のとおりです。この度は、滝沢市へ御寄附いただき大変ありがとうございました。

    ※氏名等の公表につきましては、寄附の申出の際に了解を得た方のみとなっております。

        1 寄附者名簿(公表を承認した方) (390KB; PDFファイル)

        2 目的(使途)別寄附金額 (62KB; PDFファイル)

個人情報の取り扱いについて

  1. お寄せ頂いた個人情報は、目的以外に使用したり、第三者に開示することはありません。
  2. 返礼品は、事業者から直接送付します。
  3. 返礼品の発注や問い合わせ対応などの事務について、滝沢市観光協会及びさとふる株式会社に委託しています。
  4. 希望された方に限り、寄附者様の氏名及びお住いの都道府県を「市のホームページ」等に掲載します。

ふるさと納税を騙る詐欺にご注意ください

ふるさと納税の画像や返礼品を不正にコピーした悪質なサイトが乱立しております。
怪しいと感じた場合は、お申込みをされる前にご確認いただくなど、悪質な詐欺には十分ご注意ください。

滝沢市のふるさと納税寄附申込みは、以下のサイトで行っております(令和3年10月1日現在)。

  • ふるさとチョイス
  • 楽天
  • さとふる
  • ふるなび

上記以外のサイトでの申込みは受け付けておりません。
詐欺サイトの手口は巧妙になりつつあります。注意を怠ると大きな被害を受ける可能性がありますのでくれぐれもご注意ください。

  1. 滝沢市が寄附の強要をしたり、寄附希望者からの「寄附申出書」の提出がないのに専用口座への「振り込み」をお願いすることは一切ありません。「ふるさと納税」をかたった詐欺行為には十分ご注意下さい。不審なことがございましたら、滝沢市へお問い合わせください。
  2.  払込方法あるいはお住まいの地域によって、振込み手数料等が発生する場合がありますが、ご理解願います。
  3. 「寄附金受領証明書」を紛失した場合は滝沢市へお問い合わせください。


(このページの内容のお問い合わせ先)

滝沢市役所 経済産業部
観光物産課

電話019-656-6534
                 019-656-6535
ファックス019-684-5479
メールメールはこちらのページから

税金に関することは、課税している居住地の自治体や税務署にお問い合わせください。

(岩手山)

↑ページトップへ

滝沢市役所

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55 [ アクセス・地図 ] TEL : 019-684-2111 (大代表)  【各部署の業務と連絡先はこちらから

開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで(祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

※毎週水曜日に午後7時まで窓口業務の一部を延長しています→詳しくはこちらをご覧ください

このサイトのご利用について